株式会社アベイル企業理念

企業理念

株式会社アベイルの企業理念は、 “アナログ的に動けるデジタル会社” です。
この言葉の意味は、ある時は会社の利益を無視してでもお客様の立場からお客様の為に動ける事、その判断は上司ではなく現場に一番近くにいる社員でも決定出来るようにする事、そして同時に現場が責任を持って行動出来る事、これがアナログ的に動く意味、そして納期や仕様を遵守して正確かつ確実に動くプログラムを納品する事がデジタルの部分です。まだまだ理想には程遠いですが、理念があるから努力出来るのだと思います。
アパレルの分野で皆さんのお役に立てる事が弊社の最大の喜びです。
使い易く安価で高機能なテクノロジーを、ソフトウェアという形で提供して
貢献したいと思っています。
大それたテクノロジーは無理でも努力の中から生まれるテクノロジーは
沢山あるはずです。
我々アベイルはそんな挑戦を日々出来る企業を目指しています。

株式会社アベイル
代表取締役 小谷理実

代表取締役 小谷理実
代表者経歴

1957年千葉県館山市にて生まれる。
法政大学社会学部を卒業。
旧丸紅テックス株式会社に入社し、繊維部門にてアパレル製品の生産管理業務を3年間経験。
日本データ通信株式会社に転職し、産業用ロボットのソフト開発及び東レアパレルCADのPC化プロジェクトに参加。
1989年、株式会社アベイルを設立し、東京ニットファッション工業組合の情報化推進事業を通じて、 アパレル製造現場を学ぶ。
そして、「アパレルの生産管理現場を知った上でソフト開発を行うことができる」という基盤ができあがる。
その後、アパレル及び生産工場専用のパッケージソフト(経営改革シリーズ)を開発し、数々の企業の業務改善を実現させた。
2003年上海進出をきっかけに、天津、大連に開発センターを設立。