アパレル工場向け生産進捗管理システム

  • 紹介
  • 機能1
  • 機能2

アパレル業界の現状

中国は繊維関係の生産大国であり、世界中のアパレル生産工場が集中しています。中国全土では、数万社を超えます。 アパレル生産工場の特徴としては、大規模な工場が多く、大量生産型の工場が主流です。

しかしながら、近年国内の販売が伸び、多品種、少ロット生産が多くなり、また人件費高騰、 物価上昇率が高く、コストダウン及び正確な生産管理が必要となってきました。今までは全てがアナログ的管理になっていましたが、これからの時代は人件費削減と管理技術のレベルアップが必要です。

弊社では、そんな時代の工場経営を支える為に、コンピュータと経営改革ICタグを利用し、近代工場管理を実現しました。

アパレル生産工場の生産管理を近代的に変える

ICタグに工程番号と作業担当者コードを認識させ、作業終了と同時に読込むことで、リアルタイムに工程の進捗を管理します。この方法に変えるだけで、コスト削減と、生産性アップの両面を確実に実現できます。


利益率UPの法則

利益率アップ

コストを削減し、利益率が上がります。

従来の問題点
従来の管理方法の場合、工員は作業申告書を作成し、保管する時間と手間を掛けていました。
この方法では、大幅な生産ロスが発生してしまいます。

管理コストがかかる+管理が難しい+生産状況不明確=大幅な生産ロス

▼直接生産ロスを金額に表したものです。
近年の人件費高騰、物価上昇率の高さにより、全体ロスも大幅に上昇する傾向にあります。

直接生産ロスを金額にした表※詳細についてはカタログをダウンロードしてください。

経営改革ICtagで改善

生産進捗管理精度UP

生産効率UP
・作業員其々が作業申告書の管理に費やしていた時間が1人2分/日とした場合、
1,000人規模の工場では、1日あたり2,000分の生産ロスタイムが発生していました。
時間に換算すると、33時間。1ヶ月25日稼動とした場合には、825時間にも及びます。

生産ロスを経営改革ICTagで改善

経営改革ICtagを使用すれば、ロスタイムを実作業時間にすることが 可能になる為、
生産数・生産効率が上がります。

アパレル工場現場

人件費削減

従来 作業員が作成した作業申告書を入力し、給与計算を行っていた。 1,000人規模の工場
入力人員は6~7名
導入後 作業員が送信した作業データを元に給与を自動計算します。 1,000人規模の工場
入力人員は4名

▼1年間に掛かる人件費

1年間にかかる人件費比較

【主な機能】 

経営改革ICTagの主な機能

システム構成・運用手順

経営改革ICTagシステム構成と運用手順

①生産指示とICタグデータを紐付登録を行います。
②生産ラインでは工程を進行する主材料の管理単位ごとにICタグを取り付け、ライン投入します。
③各工程では、工員のIDカードとICタグを読取り、実績データを収集します。
④管理者は生産の進捗状況や各工員単位での作業状況を確認します。
⑤給与計算用のデータは本システムから簡単に出力できます。

※システムの各機能画面は権限設定により閲覧の可否を制限できます。


生産進捗

工員が各工程でICカードを読込むと、本部側PCへ瞬時にデータが送信されます。
⇒本部側では、生産数を一覧表やグラフから一目で把握することが可能になり、
   生産遅延回避、作業効率向上へ繋がります。

▼生産進捗一覧

生産進捗一覧

グループ別生産実績

⇒現場では、ラインごとに生産数や目標数をリアルタイムに電子表示板に反映されることにより、
  工員の向上心を高めることに繋がります。

生産進捗管理のフロー
給与計算

今まで手作業で計算していた歩合給の計算が自動化されることで、給与計算ミスを防ぐと同時に、
給与計算に必要だった人員削減が可能になります。

▼給与基本設定

▼メイン画面(日本語)

KKICTagメイン画面
トータルコストで比較

2年目には経費削減金額が投資額を上回る!!

導入後のコスト削減試算例従来:入力担当事務員は6人で計算   導入後:入力担当事務員が削減できる為2人で計算  1000人規模の工場1元=13.5円
※上記コストは試算例です。